ホーム >
XC60のラジエーターを交換しました。
2016/12/01 19:05:23
谷口で御座います。<(_ _)>

寒くなる、寒くなると言われながらも
季節的には寒くない日が続いております、関西地方^^;
10月中旬ぐらいの寒さが多分、今年一番の冷え込みかと・・・
今回の冬は関西が極端に寒くなります!
なんてテレビで見て、少々ビビッておりましたが・・・
それ以降、今日まで明日は寒いのか?明日か?と^^;
関東・東北・北海道と連日凍えるような寒さの状況を知らせる
放送がされているのが信じられない状況で御座います(^-^;

とは、申しましても!
今後は確実に気温も下がって行くことでしょう。
まだ大丈夫だと思っていても、突然極端な変わり方をするのが
最近の状況。
愛車の冬支度はもうしておいた方が良いのではないでしょうか。

タイヤ交換、ホイール交換も是非ご相談くださいませ\(^o^)/

突然起こる故障ですが、中には事前に発見できる箇所もございます。
既に不具合があっても酷くなる前の初期状態で修理出来れば
二次的な不具合も防げますので、点検のご相談もお待ちしております。

今回は、不具合が初期で発見出来たケースをご紹介します。

まさか!?こんな新しい車なのに・・・(-_-;)
2013年モデルのXC60 T−6
なんと、ラジエーターから水漏れです(>_<)
 
谷口もXC60のラジエーターを外すのは初めてです^^;
そりゃ〜もうぅぅ、外し難い( 一一)
SB系のターボ付き車やRは特に面倒だったんですが、
そんなもん比ではないです(-_-;)
まず、どうやって外すのか???悩みました(^-^;
ラジエーターを抜き取った後です。

一回やれば分りましたが、期間を置くとまた悩むかも(*ノωノ)
当然、この状態では走れません!走行中漏れの量がどんどん
酷くなってオーバーヒートを起こしてしまうと大変ですからね
なので、新品に交換です。
手前がダメなヤツ

ラジエーターを交換しましたが、早期発見で大事には至りませんでした。

そして、これもよくある事ですが、

フロントのタイヤハウスに汚い何かが?
これは、ドライブシャフトのユニバーサル部分を潤滑している
グリースが飛び散った跡です。
通常はゴムや樹脂のカバー。 ブーツと言われているものに
覆われていますので、この画像のようにはなりません。
先ほど汚いものと言いましたが、
実は このグリース。非常にキレイな状態です。
ブーツに亀裂が入り、飛び散り出したところでの発見です。

まだグリースにツヤがあるのが見て取れると思います。
もうしばらく経過していれば、ツヤの無い黒い砂や埃混じりに
なります。
そして、気付かずに走行を続けていると、ブーツ内のグリスが
無くなって、ゴリゴリなどの異音が発生します。
この状態になればブーツとグリースの交換だけでは済みません
(-_-;)
非常に高額なドライブシャフトを丸ごと交換しなくてはダメになります。
そして、ニュースなどでも見られた事があるかもしれませんが、
グリース切れから発熱し、発火するトラックやバスの話はご存じでしょうか?
実際にエンジンなどのオイル漏れや回転部分のグリース切れで
車両火災が起こるのも事実です。
トンネル内での渋滞でこのような事故が起こると最悪ですね。
他人ごとではありませんので、このような不具合を放置するのは
絶対に止めてくださいね(^-^;

今回のドライブシャフトはブーツの中にまだまだグリースも残っていて、
それ以上の不具合もなく、ブーツとグリースの交換で終了です。
ご自身の愛車をご覧頂いて、同じような状態でないかご確認ください。

今回ご紹介させて頂きました2台ですが、エンジンオイル交換
でご来店頂いたときに発見させて頂きました。
ワンズでオイル交換をして頂ければ、オイルの排出中に車体の
下回りをチェックさせて頂きますからね(^^♪
なので、是非ともエンジンオイル交換はワンズにお越しください\(^o^)/
使用オイルは安心で高性能なワコーズ プロステージS!
より高性能なオイルをお求めの方は!
パワークラスター も常時在庫しております(^^)v

お電話お待ちしております<(_ _)>

ONE'S VOLVO ESTATE SPECIAL SHOP
TEL:072−887−3311
FAX:072−887−3312
mail 
volvo@ones-jp.com

この記事のURL : http://8354.blogten.jp/512295.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

この記事へのトラックバックURL

http://car.blogten.jp/tbrv.asp?512295