ホーム >
アノ!スロコンPPTが新しくなりました!
2017/05/21 19:59:31

谷口です。<(_ _)>

皆さま!暑いですね・・・^^;

もう夏気分で蚊も元気に飛び回っております(-_-;)

光化学スモッグの注意報なんかも出たりして、

久々に聞いたように思います。「光化学スモッグ。」

私、小学生の頃に良く放送で流れたり、先生が言ってたり
したのを思い出しましたよ^^;

まだ有ったんですね(^-^;

日射病も聞かなくなりましたが、今年はまた出てくるんでしょうか?

皆様も、色んな注意報なんかを気にして頂いて、
ご注意頂きたいと思います。


さて、今回は新しくなったアノ!人気商品!!

PPT3を取付させて頂いたので、ご紹介させて頂きます!


こちら、PPT3です。
コントローラーの形状やボタンなどのデザインが一新されました。

この商品!一体何をするのでしょうか?
今日もご質問頂いたので少しご紹介いたします。
ご存じの方は飛ばし読みしてください(^^♪

PPTはPlug-in Power Throttleの頭文字を取ったネーミングです。
プラグインとはソフト機能を拡張追加するプログラムのことですが、
電子制御されているスロットルバルブに別のプログラムを追加、拡張することで、
スロットルバルブの作動に変化を与える商品となっております。

電子制御式スロットルバルブは現在の自動車には、ほぼほぼ
装着されているのではないでしょうか。

元々は航空機のフライバイワイヤ技術だったと思うのですが、間違っていたらごめんなさい。
自動車にあたっては、色々な呼び名があります。
ドライブ・バイ・ワイヤやスロットル・バイ・ワイヤにアクセル・・・
まぁ俗に言うところのバイ・ワイヤ方式はケーブルで直接的に
接続されているのでは無く、運転者のアクセル踏み込み量を
一度コンピューターに送り、この信号を元にプログラムの中から選択された電気信号をコンピューターからスロットルバルブに送って作動させる。
と、説明は簡単ではありますがこんな感じです。

ですので、プログラムの味付けにより作動がリニアになったり
ちょっとルーズに感じたりすることがあります。
同じ車種でエンジンが同じでもグレードの違いでこの辺りの
プログラムの違いで走りの感じ方に変化をもたらすようです。
ですので、低燃費には必要不可欠であり、他の機構を有することなく、スロットルバルブでのアイドリング制御が可能な為、
コスト的にも非常に利点があります。
安全対策にも使われる言わば、なくてはならないシステムです。

そこでPPTで出来る事ですが!
運転者がアクセルペダルを踏み込んだ時の信号をPPTを通して
コンピューターに送ります。
PPTでは3つのモードを選択出来るようになっております。
       Sport・SportPlus・Ecoこの3つ
スポーツはノーマルに比べてリニア感が増す設定です。
味で表せば辛口と言ったところでしょうか。

スポーツプラスは、よりスポーツ性を狙った設定です。
こちらは激辛です。

エコはとにかくエコ!分り易く言えばどんくさい感じです。
甘口ですね。

そして、この3つのモードでもそれぞれ7段階の強弱が設定出来るようになっております。
画像、反対向いてますが^^;
この状態はスポーツの1段階弱めた状態を表しています。
SETを押す事でモードチェンジが行え、+と−で強弱の調整です。

運転される皆様の好みや走行状態に応じた調整が可能となります。
これでこんなに変わるのか?!と、思えるぐらい変化します。
当然、モードチェンジのSETボタンでPPTをオフにする事も出来ますので。
ノーマル状態に戻す事も簡単に行えます。

今回はV60に、こんな感じで取付させて頂きました。

商品のご購入はこちらをご覧ください。
また、ご質問はメールかお電話で宜しくお願い致します。

愛車をご自身で調整出来る数少ないパーツのひとつとなっております。
是非、宜しくお願い致します。\(^o^)/

ONE'S VOLVO ESTATE SPECIAL SHOP
TEL:072−887−3311
FAX:072−887−3312
mail 
volvo@ones-jp.com





この記事のURL : http://8354.blogten.jp/529271.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

この記事へのトラックバックURL

http://car.blogten.jp/tbrv.asp?529271