ホーム > 車検

車検

1. 車検とは

環境基準及び保安基準に適合しているかを検査する、法で義務付けられた定期的な検査の事を言います。
車検は新車購入後3年目、以降は2年毎に必要となります。
この車検に合格したからと言って、次の検査までの安心な走行が保証されるものではありませんので
きちんとした整備をお勧めいたします。2年間安心してお乗りいただくためにも、是非私ども「ONE'S」にお任せください。
当社は、近畿陸運支局認証工場、「H21年度自動車整備出来栄え審査」表彰工場です。


ONE’Sでは、車検時に様々な特典をご用意しておりますので下記の特典を要チェック!

2. 車検の流れ(受付〜引き渡し)

ご予約
TEL、メール、またはご来店の上、車検の来店日をご予約いただきます。
代車が必要な場合はご一緒に申し付け下さい。
※代車はご予約順にて無料貸出しております。
(お返しの際は、燃料のみ満タンでご返却下さい。)
   
ご来店
受付にて、お車のコンディションの確認や整備・点検のご用命箇所をお伺いいたします。
   
点検
法定56項目の24ヶ月点検及びご用命いただいた箇所の点検、同時にボルボテスターによる診断を行います。
   
お見積もり作成
3での点検内容で不具合箇所や必要な整備のお見積書を作成致します。
   
作業内容のご確認
整備には2通りございまして、現在のお車の状態で必ず整備が必要な場合とご選択可能な整備がございます。
 
整備
整備が必要となった箇所は、「ONE’S」の確かな技術と専門店ならではのコダワリで作業いたします。
 
     
検定機器による測定
検査ライン通過の前に検定機器を使用し、保安基準に適合しているか点検と調整を行ないます。
 
     
運輸支局にて検査ライン
検査ラインにて同一性の確認、サイドスリップ、制動力、スピードメーター、ヘッドライト光軸、排気ガス、
下廻り検査を行い全て基準値をクリヤする事で新しい車検証が交付されます。
 
     
仕上げ
納車の為の最終チェックと洗車を行ないます。
     
お引き渡し
今回の車検整備の結果をご説明いたします。
ご納得いただいた上で、今後のアドバイスもさせていただきます。

3. 車検の必要書類

車検の際にご用意頂くもの → 自動車検査証、旧自賠責保険証明書、納税証明書、認印

 

4. 車検料金表

お車の重量 (1)法定費用 (2)車検基本整備費用 (3)車検代行費用 (4)検定機器測定費用 合計
重量税 印紙代(普) 自賠責保険(24ヶ月)
1t〜1.5t 30,000 1,800 27,840 24,150 15,750 4,200 ¥103,740
1.5t〜2.0t 40,000 1,800 27,840 24,150 15,750 4,200 ¥113,740
2.0t〜2.5t 50,000 1,800 27,840 26,250 15,750 4,200 ¥125,840
(5)点検の結果必要となった整備代 (6)交換した部品代

(1) 法定費用
  車検を受ける時に必ずかかる費用です。
  ・重量税
  ・印紙代(普通車)
  ・自賠責保険(24ヶ月)
 
(2) 車検整備費用
  法定点検として義務付けられている項目の点検を行う為の費用となります。
 
(3) 車検代行費用
  お車を運輸支局まで持ち込み、検査ライン通過の上、検査証の更新を行う費用
 
(4) 検査機器測定費用
  検査機器を使用し、下記5項目を保安基準に適合しているか等を検査する為の費用となります。
  (制動力点検、排ガス点検、スピードメーター点検、光軸調整、サイドスリップ調整)
 


(5) 点検の結果、必要となった整備代

   

(6) 上記で交換した部品代